花粉症の免疫療法で気を付ける事

免疫療法には色んな種類がありますが、その中でも一般的なのが花粉症に対する免疫療法です。ですが、治療を行う前に気を付けなくてはいけないことがあります。それは、何よりも初回の治療に関しましては、必ず医師の診断を元に行うという事です。花粉症の治療で行われる舌下免疫療法は、スギ花粉のエキスを1日1回舌の裏に垂らすというのを繰り返す事で、自分の身体をスギ花粉に慣らしていくという治療方法です。完全な治療までに数年かかりますが、症状が良くなるという事で人気があります。ですが、自己判断でこの治療法を行ってしまいますと、最悪の場合症状が悪化してしまう可能性も十分にあります。ですので、治療を行う際には、絶対に初回は医師の診断を受けて、自己判断で治療をしないようにしましょう。そうすれば、安心して治療を行う事が出来ますよ。

舌下免疫療法で気を付ける事とは

舌下免疫療法は、花粉症の症状を和らげるために行われる治療です。毎年苦しい花粉症の症状に悩まされている人は、大変おすすめです。ですが、治療を行う際には気を付けなくてはいけないことがあります。それは、何よりも花粉が飛ぶシーズンには開始しないという事です。舌下免疫療法は、自分の身体にスギ花粉を少しずつ取り入れて、徐々に身体を慣らしていくという方法です。ですので、今まさにスギ花粉が飛んでいるというシーズンに治療を開始してしまいますと、かえって悪化してしまう可能性が高いので、注意が必要です。ですので、舌下免疫療法を行う際には、絶対にシーズンを避けて、余裕をもって病院に行くようにしましょう。そうすれば、徐々に治療を開始する事で、スギ花粉のシーズンになった時に、身体に免疫力がついていますので、症状が和らぐことでしょう。

免疫療法で病気治療に期待

私たち人間の体はウィルスなどの異物が体内に入るとそれを攻撃し、除去しようとする作用が働きます。これを免疫反応といいます。体内の正常な細胞そのものも何らかの原因で傷ついたりしますが、この修復を行うのも免疫の力です。傷ついた細胞が修復されることなく増殖してがん細胞と呼ばれます。がん細胞を攻撃する効果で知られているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)やナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)です。他に白血球の仲間も加わり、がん細胞を攻撃します。この力を応用し、研究が進められているのが免疫療法です。免疫療法は手術などの痛みや化学療法による体へのダメージが少なく、副作用も少ないことが期待されています。がん細胞はもともとが正常細胞であるため、免疫細胞が見つけにくいために増殖してしまうケースもありますが、それに目印をつけてより攻撃できるような樹状細胞を使ったワクチン療法なども研究開発されています。

遺伝子診断も行っています。遺伝子診断の結果をもとに、最善の治療方法をご提案します。 がんの主侍医として、新しい道をご提案できます。 一人ひとりに最適ながんの個別化医療を実施しています。 特許技術の樹状細胞ワクチンを主軸にした、ハイブリッド免疫療法とコンビネーション療法を提供しています。 一人ひとり異なるがんに対応できるワクチン製造技術で、あなたのがんに最適化したワクチンを製造します。 免疫療法でがん幹細胞をターゲットに治療するならアベ・腫瘍内科・クリニックへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)